愛東運輸株式会社|愛知県刈谷市の運送会社【トラック輸送・運送】

愛東運輸株式会社

0120-38-5347

お問い合わせフォームはこちら

愛東ブログ

2016年10月

2016/10/30 秋の大祭



昨日は定例行事である秋の大祭が執り行われました!








今年も例年通り、幹部リーダーでの参加となりました。、まずは昨年度も無事に過ごせた事、身体が健康であった事、家族が幸せであった事等々への感謝の気持ちを込め、あらためて安全への思いと会社繁栄、そして心身ともに健康でありますようにと祈願させていただきました。









事務所での御祈祷後は会社内の隅々までお祓いをしていただきました。村山社長が掲げる経営理念は「個々の生活の安定と充実」です。その為には安全運行は勿論、社員一人ひとりが健康であり、その家族が笑顔で過ごせるような会社でなければなりません。安全、繁栄、社員と家族の幸せを願う社長の気持ちが伝わってきました。








私達は色々なものや「思い」に守られて生かされている。
そんな事を感じた一日でした!





2016/10/23 新人奮闘記!



今回は新人さんの頑張っている姿をご紹介いたします!








愛東運輸に入社される方の半数は未経験者です!入社後一通りの教育を受け、その後は実際の業務に就く為に現担当者の横乗りをします!今回の新人も未経験者ですが僅かの期間で一つの定期便を覚え、一人で運行に就いています!現在は次へのステップとして二つ目の定期便を覚える為に頑張っています!








もちろん、便が変われば取扱う荷物の特性や性質も変わります!其々の便を担当している先輩から直接指導を受ける事で現場に馴染んで行きます!スムーズに作業を行う為に荷物やリフト操作に慣れる事は大切ですが、「気持ちは慣れない」事も重要です!作業時の安全確認やお客様との接し方など、気持ちの面も先輩が指導フォローをします!








私も未経験でしたので新人さんの気持ちは良く分かります。初めてハンドルを握って大きなトラックを操作した時の緊張感は今でも忘れません。年数が経ちトラックの操作には慣れましたが、常に「かもしれない」と言う意識は忘れずに運転をしています。休憩時間にしっかりとリラックスをし、ハンドルを握ったらプロドライバーとしての意識をしっかりと持つ。一日の中でも気持ちにメリハリをつける事で仕事にもハリが出てきます!










一日の業務を終え、緊張からの解放と達成感でこの笑顔!
今後の活躍に期待です!


※現在愛東運輸では多くの新人さんを募集しております! 
 40~50代で未経験者の方も沢山いらっしゃいます!
 もちろん経験者の方も大歓迎!
 ホームページ上でエントリーして頂くか直接お電話にてお問い合わせ下さい!
 会社見学だけでもOKですのでお気軽にどうぞ!
 
 また、10月30日まで求人サイトanにて掲載されていますので此方もご覧下さい!


2016/10/16 第48期チーム活動開始!



昨日は数チームが集まり、48期最初のチーム活動を行っていました!









活力朝礼を終え、早速各チームでの活動を開始いたしました。まずは今期の目標を皆で立て、目標達成の為に其々が何をするのかを決めました!その後は絶好の秋晴れのもとで車両整備を行いました!また今期は若干のチーム編成が変更になった為、積極的に雑談等を交えながら親睦を深めました!お互いがキッチリと仕事をするだけの関係では無く、普段から何気ない日常会話を交わす事でも絆を深めて行きます!









また、あるチームではリーダーが個別に面談を行っていました!チームミーティング時に前期の反省点や今期にかける意気込みなどを淡々と話すのでは無く、リーダーが親身になって接する事でメンバーにも気持ちが伝わります。技術、知識だけでなく、こういった「気持ち」すなわち「心」が品質を支える根底にあるのだと感じました!









外ではワックスがけに励むベテランがいました!このベテランドライバーは毎日必ず洗車と清掃を行っています。以前お話を聞かせてもらったら「私達は仕事を終えたら帰宅して風呂に入って休息をします。私達よりも働いてくれている車両を毎日綺麗にするのは当り前の事です」と言っていました。車両に感謝の気持ちがあればごく自然の事だとも言っていました!そのベテランに感化されるように他のチーム員も一生懸命に車両を磨いていました!








車両整備場には今期から新たに任命された新リーダーと、そのチームに配属された新人がいました!新人さんに丁寧に整備の手順を教えながら指導する姿からは、「リーダーとして皆を引張って行く!」と言う気持ちが伝わって来ました!












今期も各チームが一丸となり、それぞれの目標達成に向けて精進して参ります!







2016/10/09 10月度合同ミーティング!



昨日は10月度合同ミーティングが実施されました!







最初の社長挨拶では新たな期に掛ける思いを話されました!前期を好結果で終わらせる事が出来たのは、その時その時を社員ひとり一人が一生懸命に取り組んできた結果であるのと同時に今期は「今ここ」を大切にするとの事でした。前期の結果が必ずしも今期に繋がるとは限りません。過去に築きあげた上に乗っているのは確かですが、未来を切り開いて行くのは今の私達です。つまり「今ここ」を大切にする。仕事、家庭すべてに於いて「今ここ」を全力で生きる事で豊かな未来が待っているのだと、社長の言葉から感じ取りました!







そして48期のテーマも発表されました!今年は「想像力を磨こう」をテーマに取組んで来ましたが、そこから更に一歩進む為にも同時に感性を磨く必要があります!想像力を発揮し、更に色々な事を感じ取れる感性を豊かにする。そんな社員の集まりになる為にも48期は社員一丸となって感性を磨いて行きます!










続いての辞令交付では2名のリーダーが任命されました!チーム内により良い新たな風を吹き込んで貰えると確信しています!会社から期待される新リーダーの活躍によって、更にチーム活動が活性化される事でしょう!









今回のSDEC表彰では5名の社員が表彰されました!500日達成者が3名、250日達成者が2名と、順調に達成者が増えて行っています!合同ミーティングで毎回表彰者が出るのは素晴らしい事ですが、SDEC活動にゴールはありません!愛東社員は今後も終わりなき安全への挑戦を続けて参ります!









その後は全社員にて合同木鶏会を実施致しました!致知を読み、先哲の思考を理解し自分の中に落とし込んで発表する。周りの感想も聞いて更に気付きを得て自分の中に深掘りする。毎月木鶏会を実施する事で私達は知らず知らずのうちに想像力を働かせ感性も磨いています!








今回の特集は「人生の要訣」でした!人生の要訣について「私は多くの師と呼べる人に恵まれてきた」と言う話をしたら、「何かを学び取ろうと言う心構えがあるから良き師が集まってくる。つまり自分から引寄せているんだよ」と吉村部長からコメントをいただきました!確かに社内でも一生懸命頑張ってる新人には此方からアドバイスをしたくなるものです。一生懸命に努力していれば多くのものを引寄せる。つまり天を味方につけるとはこの様な事を言うのでしょうか。思わず鳥肌が立ちました!






その後の推薦感想文発表では多くの素晴らしい感想を聞かせていただきました!毎月の木鶏会は勿論ですが日常の中から一つでも多くの事に気付き、その気付きを行動に移して行く。この積み上げこそが人生を成功に導く要訣なのだと感じました!










最後に金子部長より品質のまとめと方針についての説明がありました。愛東運輸不変の品質方針である「信頼されるサービスの提供」を実行し続ける為にも前期発生した不適合を今一度反省し、より一層の努力を積み重ねていかなければなりません。年々進化し続ける企業を目指し、今後も社員一丸となって取り組んで参ります!










午後からは幹部リーダーと希望者を対象に自動車構造勉強会が実施されました!日野自動車から講師をお招きして様々な事を学びました!自分達で触らない部分であっても知識として埋め込んでおく。これもプロドライバーとしての深みを増す事に繋がります。










心あらたに!愛東運輸 第48期 スタートです!






2016/10/02 視察研修



昨日は幹部リーダー一同で視察研修に行かせて頂きました!








向かった先は愛知県北設楽郡東栄町の山間に拠点を構え、全国で公演活動を行っている和太鼓集団「志多ら」です!今回の研修は常日頃から浜島常務が言われる「プロ意識の向上」を目的に行われました!職種は違えど本物のプロの姿勢を目の当たりにし、少しでも感じる物を持ち帰ろうと、太鼓打ちとも呼ばれるプロの奏者達の稽古を見学させていただきました!









志多らの皆様は10代~20代を中心に活動されているとの事で皆ハキハキとされていました!研修生の方達にもお話を伺いましたが、皆プロの奏者になるという意識を高い次元で持っておられると感じました!目的が明確だからこそ進むべき道、やるべき事も明確に見えているんだと感じさせられました!









挨拶を終え、早速稽古を見させて頂きました!最初の曲から全員釘づけになりました!プロの演奏する和太鼓の迫力、一人ひとりの力強い動きに見入りながらも「何か」を掴もうと私達も目を輝かせていました!











続く曲では見事に鍛え上げられた上半身を披露しながらの演奏でした!見ている側も稽古と言う事を忘れてしまう程の迫力でした!奏者が「稽古だから」と言う気持ちでは打っていないからこそ、こちらもそう感じたのではないでしょうか。本番と練習の境界線が見えません。まさにプロの稽古でした!











演奏を終えた途端、すぐさま修正の指導が入りました!驚くべきは物凄く細かい所まで全員が徹底してこだわっている事です!修正に修正を重ねより良いものを創り上げて行く。職人に似た感覚を覚えました!













続いては研修生も交えての稽古が始まりました!延々と続くのではと思わされる程ひたすら太鼓を打ち込みます!長い時は一時間以上も打ち込み続けるとの事でした!そんな中でも息を合わせ、力強い音を奏でる。ここでも又、プロの稽古を目の当たりに致しました!










その後は実際に太鼓をたたかせて頂きました!全員でバチを握って簡単なリズムに合わせての演奏でしたが、思った以上にバチの跳ね返りが強く、大きな音を出した時はしっかりと抑え込まなければと感じました!たたくのでは無く「打つ」!奏者の皆様の腕が太い理由も納得できます!










その後の質疑応答では多くの質問に応えていただきました!答えの中に「生活即舞台」と言う言葉が出てきました。日常の過ごし方が舞台上に出てしまうと言う考え方です!やはりプロと言うのは仕事と日常を切り離す事なく、常に自分を高めようと生活レベルにまで落し込んでいる人達の事を言うのだと感じました。プロとしての心構え、普段の生活での取組みなど、とても多くの学びを与えていただきました!










今回の視察研修を快く受入れて下さった志多ら代表の西谷まゆみ様を始め、素晴らしい稽古を見させて下さったメンバーの皆様に感謝です!本当に有難うございました!

和太鼓集団 志多ら