愛東運輸株式会社|愛知県刈谷市の運送会社【トラック輸送・運送】

愛東運輸株式会社

0120-38-5347

お問い合わせフォームはこちら

愛東ブログ

2017年03月

2017/03/26 3月度合同ミーティング



昨日は3月度合同ミーティングが実施されました!







世の中は年度末を迎えようとしています。来月からは新年度となり、時代も刻々と変化をしていきます。そんな中で私達もドライバーとして今一度プロとしての意識を更に高めて行かなければなりません。プロとアマの違いとは何か。プロとは絶対に成功させる者です。そんな社長の冒頭挨拶を聞いて「ただ目の前の仕事を熟して行くだけでは時代に置いていかれる」と危機感も覚えました。






そんな中でプロとしての役目を果たし、成功させてきた証として今回も5名の社員がSDEC運動の表彰を受けました!SDEC運動開始以来250日、500日、750日と記録を伸ばして来ましたが、たった一度の小さなミスでゼロになってしまいます。プロとは絶対に成功させる者!プロとして自分を磨く為のツールと捉え、今後も全社員で更なる高見を目指します!







そして今回は「艱難(かんなん)汝を玉にす」をテーマに木鶏会が行われました!人生において自分を高めていく過程では常に壁にぶつかるものです。その壁こそが艱難であり、この艱難をいかに乗り切るかが自分自身の成長に繋がる事を学びました!







私のグループではベテランドライバー、女性ドライバー、事務職、チームリーダーと全員が違った視点での意見交流となり、とても貴重な時間を過ごす事ができました!それぞれの思い(熱)を聞かせていただく事で私自身が取るべき行動も見えてきます!毎月やってても気付きは無くなりません。逆にやればやるだけ気付きも増えて行きます!改めて木鶏会の素晴らしさを実感いたしました!







今回は社外から2名の方をお招きし、愛東運輸の取組みを御覧いただきました。「学ぶ事で生きていく事が楽になる。そして自分が幸せである事に気付ける事である」と最後に社長総評をいただいて今回の木鶏会は閉幕となりました!








その後は金子部長による安全講習が行われました!今回の講習ではトラブル対策についてを学びました。天候不良や車両の故障、事故をおこした時など様々なトラブルに直面した時に何をすればよいのか?自分の行動ひとつで会社の信頼失墜にも繋がりかねない事を一人ひとりが常に頭に入れておかなければなりません!









最後は新人10カ条審査が行われました!
結果は2人とも見事に100点合格!

今回も大変充実した合同ミーティングとなりました!






女性社員からの御礼



少し話しは遡りますが14日にホワイトデーのお返しを沢山いただきました!お心遣いありがとうございました!

        ~女性社員一同~


2017/03/19 安全への取組み



昨日も多くの社員が出社し、様々な活動を行っていました!












まずは神谷課長指揮のもと、事故撲滅委員会が開かれました!事故を無くすために何をするべきか?全社での活動、チーム単位での活動と2つの項目に分け、更にトラック、リフト、その他と細分化して意見を出し合いました!










色々な案が出てホワイトボードが埋まっていきます!「なるほど」と感心させられる事や「もっとこうしたら?」など活発に意見が飛び交いました!このような小集団改善活動(QCサークル)の輪を広げて行くことで全社の品質が上がって行きます!










外ではリーダーが若手社員にリフト指導を行っていました!操作のコツや目線のやり方など現場に則したカタチでアドバイスをしています!基本動作が身に沁みついたら次は要領の部分へとステップアップをはかります!








こちらはリーダー自作のトラップ訓練が行われていました!荷台に載りきらない高さの荷物や安定が悪く崩れやすい荷物といったシチュエーションを空箱を用いて作り、リーダーの思惑通りにトラップに引っ掛かるメンバーたち!この様な経験が実際の現場に必ず活きてきます!その裏にはリーダー達の努力があります!











今後も様々な活動を通して安全意識を高め、品質の向上に努めて参ります!





2017/03/11 修了式



本日は第24期物流大学校講座の修了式でした。










昨年4月から1年間に渡って当講座に通わせて頂き、この度無事終了式を迎える事が出来ました。1年間の受講で学んだ事はとても多く、物流業界に携わる一人の人間として沢山の知識を与えて頂きました。








今年1月の論文、先月行われた試験を経て「物流経営士認定証」と「修了証書」をいただく事が出来ました。今回の講座で得た知識と経験を如何に自社で活かすかが今後の自分の課題でもあります。成長の機会を与えていただいた会社へ恩返しする為にもより一層の努力をしなければと感じました。








一週間前には村山専務が「物流マネージャー実践研修」にて最優秀プレゼン大賞を受賞してこられました!一歩近付けば一歩離される。この様に常に目標であり続けてくれる上司が愛東運輸には沢山います!そんな上司への一番の恩返しは自分自身が成長する事だと私は考えます。









一年を通して学び続ける事が出来たのは社長を始め、全社員の方々のサポートがあったからこそです!一年間有難うございました!









3・11


東日本大震災から六年が経過いたしました。昨日の職場の教養は「復興への道のり」でした。六年たった今でも震災からの復興は未だ道半ばとの事です。今の私達に出来る事を考え行動に移し、また風化させない為にも被災地への思いを馳せる事が大切です。東日本大震災によって犠牲となった方々のご冥福と現地の完全復興を心よりお祈り申し上げます。

愛東社員一同


2017/03/05 ルール化と配慮



3月に入って少しずつ寒さも和らいできました!
今回はルールについてのお話しです!








私達の職業では交通ルールを守る事は勿論、その他にも顧客先での構内ルールなど様々な決め事を守り、安全に業務を遂行しております!また、リーダーミーティングやチームミーティング時にも安全への取組みとして社内ルールの提案や話し合いも行っております!








そして新たな社内ルールとして新林車庫の入出庫ルートの見直しが行われ、先月末よりルール化されました!県道から車庫へ向かう交差点の角に住宅が建設されている事でトラックでの進入は禁止とし、迂回して車庫に戻る事となりました。このような地域に対する配慮もとても大切な事です。








その他にも高圧洗浄機や洗車機の使用可能時間も近隣住民の方に配慮して早朝や深夜での使用は禁止としております。また、トラックで会社に出入りする時は最徐行で安全と騒音にも気を遣っております。交通ルールや安全に業務を行う為のルールと同じく、この様な社内ルールも厳格化されております。








また、地域に対する取組みの一つとして、東境地区クリーン作戦にも毎年参加させていただいております!お世話になっている近隣地域に対して、少しでもお役にたてればと今年も参加名簿には多くの社員の名が連なっていました!









これからも地域に根付き地元に愛される企業を目指して参ります!