愛東運輸株式会社|愛知県刈谷市の運送会社【トラック輸送・運送】

愛東運輸株式会社

0120-38-5347

お問い合わせフォームはこちら

愛東ブログ

2018年10月

2018/10/28 秋の大祭



昨日は定例行事である秋の大祭が執り行われました!







今年も幹部リーダーでの参加でした!まずは皆で昨年度を通して無事に過ごせた事や健康であった事に対して感謝をし、新年度もより安全で会社が繁栄し、社員みんなが幸せになれますようにと祈願させていただきました!









村山社長にとって新年度はとても重要な年となります!今まで作り上げてきた道をしっかりと固め、後継者へ受け渡す為の体制を盤石のものとする年です!社長の想いを幹部リーダーが団結して更に強固な組織を作り上げて行かなければなりません!








本社から場所を移動して旧事務所の上野へ!経営理念である「個々の生活と充実」を実現する為には安全は勿論、社員が健康でその家族も笑顔で過ごせるような会社でなければなりません。会社の繁栄、社員と家族の幸せを願う専務の姿は既に来期を見据えているようにも感じました!










私達は沢山の方々の想いに守られている事を忘れてはいけません
節目となる50期も安全、健康でありますように!



おまけ




本日10月28日(日)は社員の岡田さん夫婦と村山専務、吉村部長でナゴヤアドベンチャーマラソンに参加して参りました!天候にも恵まれ絶好のマラソン日和でした!結果はいかに?皆様お疲れ様でした!







2018/10/21 第50期テーマ



10月も後半に入り朝晩とかなり気温が下がってきました!







愛東運輸では毎日の朝礼時にスローガンである「感謝の心」と「私の誓い」、「実践の誓い」を唱和しています!輸送部門、加工部門の両方で実施しております!










そして10月より50期となり新たなテーマも掲示されています!100年続く企業を目指し、今期は希望を未来につなぐ時とし「気付きを磨き 即 実践 出せば入るを忘れない」をテーマに全社員一丸となって参ります!








一里山加工所でも10月に入り変動期を迎えております!今までの仕事に加えて新しい仕事も覚えて行かなければなりません。大変ながらもお客様の指導を受けながら熟す作業者の方々の姿はまさに「出す」と言えるでしょう!「出したものは必ず入る」社長の教えを胸に今が踏ん張りどころです!








こちらは配送業務を終えた社員が空箱清掃のお手伝い!人の集まりにくい時間帯でのサポートは本当に助かります!お金や行動と言った目に見えるものだけで無く、周りへの気遣いや配慮と言った目に見えない事も必ず出したものは入ってきます。逆に言えば自分の事ばかりで周囲への配慮が無くなれば、誰からも気にして貰えなくなってしまうかも知れません。








良いことも悪いことも出したものしか入らない!
ならば!愛東社員は良いものを出し続けて参ります!



2018/10/14 新たな仕事へ!



昨日は一里山加工所にてお客様からの移管作業が行われました!









新しいお仕事を受けさせていただく為に製品だけでなく機械や検査台、その他小道具が客先から運び込まれました!










作業に使用する大きな機械が検査場へ運び込まれます!事前に検査場の荷物を移動させ普段は締め切った扉を開けてフォークリフトでゆっくりと慎重に移動します!









搬入作業後は機械の動作確認が行われました!お客様に立ち会っていただき無事作動しました!これで新しい仕事を始める準備は整いました!月曜日以降はお客様にも来てもらいしばらくは指導をしに通って頂く予定です!










明日からはいよいよ新しいお仕事が始まります!
「信頼されるサービスの提供」をモットーにお客様にご満足いただけるよう努力して参ります!




2018/10/07 10月度合同ミーティング



昨日は10月度合同ミーティングが実施されました!








まずは10月に入り愛東運輸も50期に突入致しました!そこで社長から今期のテーマ発表がありました!第50期テーマ「気付きを磨き即実践、出せば入るを忘れない」~発顕還元の原理~です!世の原理は出したものしか入らない。これは良い事も悪い事も同じです!ならば愛東社員は常に良い行動、良い考えを出して行こうじゃないかと!先に出すが原則です!







そしてチーム編成も変わりました!今までは10チームでの活動でしたが今期より12チームとなりました!これに伴い新たな3名のリーダーが辞令交付を受けました!新しい組織編成となり100年続く企業を目指します!更に節目である今期は希望を未来につなぐ時と捉え”出せば入る”の精神で進んで参ります!








そんな”出せば入る”をカタチにしたSDEC運動の表彰も行われました!プロドライバーとして「安全運転」を続けて行く事は当然の義務です!安全運転を続けた結果(出す)表彰を受ける(入る)やはり出したものしか入りません。逆にどれだけ沢山でも出したものは入ってきます!今後も愛東社員は安全運転を続けるプロドライバー集団を目指します!







後半は木鶏会から!今回のテーマは人生の法則でした!そんなテーマに合わせたのか五十代、六十代の大先輩と御一緒させていただきました。長年勤めてきて最終的にはお客様、周りの人に喜んでいただく事が一番の喜びと仰っていました。自分の為に生きているうちはまだまだ、自分をもって人の為に尽くしていくことに本質があるのだと確信いたしました!







木鶏会の後は外部研修「安全運転セミナー」を実施いたしました!危険予知や安全講習などは今まで金子部長指導のもとで行ってきましたが社内活動だけでなく外部の風も取り入れる事で多角的に物事を捉える事が出来ます!今後も社内、外部ともに研修に取り組み品質の向上をはかります!








続いてタイヤ勉強会が行われました!プロドライバーと言う職業はただ安全にトラックの運転が出来れば良いと言うものではありません。大きなトラックのハンドルを握る以上自分の命だけでなく他人の命も守らなければなりません!その為には様々な知識を身につけ常に最善を心掛けなければなりません!








最後は新人十ヶ条審査が行われました!何度か失敗を繰り返し今回やっとの思いで合格を手に入れました!今回の経験が必ず業務にも活きてくると信じて頑張ってくれるでしょう!









外ではタイヤ勉強会の実技も行われました!
第50期「出せば入る」を忘れずに精進して参ります!