image3

などと考えているのであれば、ぜひ、このトラックドライバーの求人情報を最後までお読みください。
きっと、あなたにとって理想の仕事であることがお分かりになるでしょう。


ごあいさつ

image126

はじめまして。
主に自動車部品の輸送サービスを手掛ける運送会社
愛東運輸株式会社 代表取締役社長の村山と申します。
          
当社は1969年の創業以来、品質方針「信頼されるサービスの提供」を掲げ、地元・愛知県内のお客様を中心に実績を積み重ねて参りました。

その私たちの最大の目標は、「愛東運輸に関わる全ての人たちに幸せを運ぶ」ことです。その為、時代のニーズに応じて、ドライブレコーダーとデジタルタコグラムの全車輌搭載、「省エネ走行研修」への全社員参加など、安全運転や地球環境にも配慮した質の高い輸送サービスの提供を常に心掛けています。

しかしながら、愛東運輸の差別化の原点は、社員一人ひとりの人間力にあると考えています。もちろん”技”も必要ではありますが、あくまでも人間力あっての技であるべきと考えます。
その為、社員の方々には様々な課題を準備し取り組んできて頂いています。
数々の学びを通して”愛東運輸にいて良かった”と思ってほしいと切に願いつつ、社員教育を積み重ねています。また、その積み重ねが、今後さらに多様化が進むであろう、当社を含めた物流サービス企業に求められるニーズをしっかり捉えることにもつながります。

人は学びによって新しい自分と出会えます。
ご一緒に幸せな人生を創造してまいりましょう。

愛東運輸株式会社

代表取締役

村山明子



image9

トラックドライバーは主に自動車部品を輸送する仕事
主な仕事内容を一言で表すと、「自動車部品の輸送」ですが、もう少し詳しく説明すると、自動車部品の集荷と配送を行います。さらに詳しく説明すると、自動車部品工場で製造された部品をトラックに積み(集荷)、自動車そのものをつくっているメーカーの工場や倉庫に届ける(配送)仕事です。

私たちが普段何げなく使っている様々な製品は、次のようなプロセスを経て私たちの手元に届けられます。

image10

実際はもっと細かいプロセスを経ることになりますが、多くの製品が、だいだい①~④のような流れで私たちの手元に届けられます。また、この①~④のような「材料・製品・商品などの“モノ”の、調達・製造・流通・購入までの一連の“流れ”」のことをまとめて表した言葉が、いわゆる「物流」です。この物流の流れが滞ると、工場で製品がつくれない、お店で商品が買えないなどの問題が生じ、経済活動の停滞につながります。

モノを運ぶトラックドライバーは、とても重要な仕事であり、それだけのやりがいと誇りを感じて働いてほしいし、また、そのように働くべきだということです。続いて、当社のトラックドライバーの仕事内容について具体的なポイントをご紹介します。

トラックドライバーでの輸送エリアは、自動車産業が盛んな西三河中心
トラックドライバーの輸送エリアは、愛知県の刈谷・豊田・安城市など西三河地区が中心ですが、関東関西にもその範囲が広がっています。

「定期便」と「特車便(スポット便)」の2種類の輸送サービス
愛東運輸の輸送サービスは、大きく2種類に分けられます。次の「定期便」と「特車便(スポット便)」です。

定期便
te定期便

一定期間、かつ定期的に、あらかじめ決められた輸送ルート・スケジュールで集荷・配送を行うサービスです。主に自動車メーカー、及びその他様々な産業よりの荷物など、定期的に輸送を行う必要がある法人のお客様がご利用されます。これにも地場(日帰りルート)、中長距離への輸送があります。

特車便(スポット便)
image14

お客様が急に輸送を行う必要が生じた時に便利な、集荷・配送を24時間365日対応で行うサービスです。お客様の細かいご要望に合わせた輸送サービスを提供しているため、トラックドライバーの出勤時間は早朝、昼間、夜間など、様々です。

軽トラックから大型トラックまで、様々なタイプの車輌を配備
image114

車輌については、軽、2tウィング車、4tウィング車、4t平ボディー車、8tウィング車、大型ウィング車などのタイプの各種トラックを計70台以上配備し、お客様のご依頼内容に応じて最適なタイプのトラックで輸送します。各タイプのトラックの外観や、サイズ・最大積載量などのスペックは、当社(愛東運輸)ホームページの車輌紹介というページでご紹介しています。

image15

なお、トラックドライバーの求人ご応募にあたっては、中型自動車免許(旧普通自動車免許、AT限定不可)は必須になりますが、8tウィング車、大型ウィング車などの大型自動車免許については、入社後に取得いただければ大丈夫です。「大型自動車免許が取れるか不安だ」、「仕事で大型トラックを乗りこなせるか心配だ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、会社が免許取得費用の一部を負担したり、先輩ドライバーや上司がしっかり運転指導を行いますので、ご安心ください。

積卸し作業では、フォークリフトを使う
image16

集荷先で輸送品をトラックに積み込んだり、配送先でトラックから積荷を降ろすのもトラックドライバーの仕事です。そのような積卸し作業では、基本的にフォークリフトを使用します。

なお、「フォークリフト運転技能講習」などの所定の講習の修了者と法律で定められていますが、ご応募にあたってフォークリフト免許の有無は問いません。入社後に免許を取得いただければ大丈夫です。

事故・車輌トラブルの未然防止につながるメンテナンス作業も行う
image17

日々の業務で運転するトラックの点検や整備・清掃など、車輌のメンテナンス作業もトラックドライバーの重要な仕事です。具体的には、日々の乗務前に必ず行う車輌チェック、定期的なタイヤローテーションやエンジンオイル・オイルエレメントの交換、洗車などを行います。一例として、実際のタイヤローテーション作業の様子・手順が分かる動画をご紹介します。




image12

愛東運輸の経営理念

個々の生活の安定と充実
この当社の経営理念は、「会社の経営や業績が安定しなければ、そこで働く社員とそのご家族、一人ひとりの生活も安定・充実することはない」という考えを表したものです。

では、会社の経営や業績を安定させるには、どうすればよいと思いますか?
それには、社員たち一人ひとりが、日々、一生懸命、仕事に取り組む必要があります。

image18

……ということは、つまり、社員たち自身がしっかり働くことが、社員とそのご家族の生活の安定・充実につながります。また、会社側も、社員たちがしっかり働けるように、それだけの待遇や職場環境を用意する義務があることを日頃から意識すべきと考えています。

愛東運輸の3つのモットー

image19
この3つのモットーは、社員たちが仕事に取り組む上で、常に意識してもらいたいことです。いわば、仕事上の行動指針と言ったところでしょうか。それぞれ具体的には……

image20
……ということを表しています。

いかがでしたでしょうか?
企業に最も影響を与えるのは、そこで働く人たちの心掛けや行動だと思います。そして、各企業で働く人たちが持つべき心掛けが、その経営理念であり、また、持つべき行動指針が、そのモットーです。

そう考えると、最後に行き着くところは、「企業力=人間力」ということではないでしょうか。当社は、その考えに基づき、技術面でも人格面でも真のプロフェッショナルと言える人材を育てるべく、社員の育成に惜しみなく力を注いでいます。